◆◇◆◇◆ 2012/04/25(水) ◆◇◆◇◆

『週刊少年ジャンプ』2012年21・22合併号 感想

『ONE PIECE』(第664話 “M・シーザー・クラウン”)
たしぎちゃんルックスのスモーカー大佐が激しく萌えるんだけどっ!
ずっとそのままでいて欲しい……けど、たしぎちゃんが気の毒すぎるな。

『ハイキュー!!』(第10話 小心者の緊張)
バレーは未経験だけど、土下座は得意な顧問って、役に立つんだろうか(苦笑)。
まあ、人はよさそうだよね。

「お前の動きにアホみたいに引っ掛かったら気持ちイイだろ!」って、はやくも日向を見事にコントロールしている影山。
セッターとアタッカーに、キャッチャーとピッチャーのような関係をみた(笑)。
と思ったら、実はまったく日向のことを把握できてなかったり。
こうやって少しずつお互いを理解してくんだなあ、とか思うとちょっと微笑ましい。

王様気質かと思った影山も、ちゃんと先輩のことを気にしてたりで、いろいろと突っ走り過ぎちゃう面はあるけれど、決して思いやりのない子ではないんだよね。

『バクマン。』(ラストページ 夢と現実)
終わっちゃったよ。
いやあ、そろそろ終わるだろうとは思ってたけど、こんなにあっさり終わるとは思わなかった。
なにせ、最終回がほとんどサイコーと亜豆ちゃんで、シュージンすら出てこないんだもんなあ。
こうやってみると、このマンガの主役はサイコーだったんだなあ、と思ってしまう。
私的には新妻エイジだったけどね!

それにしても、スーツもフェラーリも似合わないなあ、サイコー(苦笑)。
てか、いつ免許とったんだ。『REVERSI』が終わって、ちょっと余裕ができてからかな? それとも、連載浪人してた頃?
サイコーも夢見がちだけど、川口たろうはもっと夢見がちな人だったんだな。

それにしても、サイコーと亜豆ちゃんて、2人でどういう生活をするのか、あんましイメージがわかないよね。
シュージンと見吉ちゃんの生活ってのはかなり想像がつきやすいんだけどなあ。
あっ、平丸さんと蒼樹嬢の生活もなんとなく想像がつく!(笑)

「夢が叶ったら」が「夢が叶ったから」になるまでの物語。
そう考えるとなかなか感慨深いものがある。
なんだかんだで楽しませてもらったマンガでした。
両先生、おつかれさまでした&ありがとうございました。

『黒子のバスケ』(第162Q あんた誰?)
火神にさりげにアドバイスするとか、なにげに黄瀬は人がいいよなあ。
誠凛にリベンジしたいので、誠凛に勝って欲しい、というのもあるにはあるんだろうが、単純に、火神が迷ってる感じなのが気に入らない、ってゆー風にみえるんだよね。

『めだかボックス』(第143箱 「そんな理由じゃないんですよ」)
600個のスキルを考える西尾維新は楽しいかもしれないけれど、この写植を貼らされた人は大変だっただろうなあ。
スポンサーサイト

tag : 週刊少年ジャンプ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【『週刊少年ジャンプ』2012年21・22合併号 感想】

『ONEPIECE』(第664話“M・シーザー・クラウン”)たしぎちゃんルックスのスモーカー大佐が激しく萌えるんだけどっ!ずっとそのままでいて欲しい……けど、たしぎちゃんが気の毒すぎるな。『ハイキュー!!』(第10話小心者の緊張)バレーは未経験だけど、土下座は得意な顧...

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ひでみ

Author:ひでみ


職業はプログラマ。
主食はマンガとアニメ。


HIDDEN_ARCHIVE(←『幽遊白書』の考察とか二次創作小説とかを置いてます)

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
個別の記事以外のコメントはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク
リンク